屋根を長持ちさせる秘訣

屋根リフォーム工事について

屋根材の種類には

「コロニアル屋根」

「金属屋根」

「日本瓦」

「モニエル瓦の屋根」

「トタン屋根」

様々な種類の屋根材があります。

屋根材に応じて、リフォームの内容も変わってきます。

一般的なリフォームの方法としては

「屋根の塗装」であったり、既存の屋根材の上から、

新しい屋根を葺く「カバー工事」

既存の屋根材を全て撤去して新しい屋根を葺く工事

「屋根の葺き替え工事」とあります。

どれも、推奨されている屋根リフォーム工事内容で、手間がかかるほど

料金の設定も上がっていきます。

また、使う塗料の種類であったり、屋根の商品であったりも

それぞれランクがあり、車と同じように

軽自動車と普通車や高級車など同様に費用も変わってきます。

何を選ばれるかは、工事をされるお宅によって、さまざまで

お家の劣化状況や将来的なランニングコストを考えた上でそれぞれ変わります。

最適な屋根リフォームプランを選ばれるためには、実績のある屋根リフォーム工事の

プロフェッショナルに現場を見てもらい、提案を受けることが間違いないでしょう。

ですが、業者の中でも良い業者と悪い業者がいますので、

複数社に見積もりを依頼して、話を受けると良いと思います。

屋根リフォームの時期

屋根リフォームの目安や時期としましては、一般的には

築10年目くらいからご検討されると良いと思います。

リフォームの内容としましては、予算がれば屋根カバー工事や葺き替え工事は

おススメです。

ですが、そこまでする必要性はあまりないと思いますので

まずは、築10年目に屋根の塗装工事をされるのが良いのでは思います。

もちろん、既存の屋根材によっても違い、日本瓦などは瓦自体のメンテナンスは不要です。

築10年目には日本瓦の漆喰という、瓦の中にある詰め物を点検して剥がれているよう

であれば補修程度で問題ないと思います。

築10年目でリフォームを行った場合は、次は10年後にリフォームを行い、

その後また、10年後に手を加えてあげると、お家の寿命は長持ちいたします。

もちろん、お家の状況や屋根材によっても違いますのでご注意ください。

業者選びはご注意を

屋根を長持ちさせるには業者選びは重要です。

悪い言い方をすると、手抜き業者に工事を依頼してしまった場合は

10年持つものが、2,3年で再度リフォームをしなければいけない状況になってしまいます。

何が違うのかというと、適切な工事の流れを踏まずに、

屋根の塗装で3回塗りは基本ですが、1.2回しか塗装をしなかったりと

手を抜かれることがあります。

塗装1,2回塗りでは、すぐに既存の塗膜は劣化して、再度リフォームが必要になります。

せっかく高いお金を出して工事を依頼してもこれではムダになってしまいます。

ですから、しっかりと業者選びは行ってください。

 

屋根を長持ちさせる秘訣は、

「定期的な屋根リフォーム」×「業者選び」

是非、ご参考にしていただければと思います。

神奈川県内の知り合いで、
おススメの屋根リフォーム業者はこちら↓↓

横浜市 屋根リフォーム