悪質な屋根リフォーム業者には注意が必要?

悪質な業者とは?

悪質な屋根リフォーム業者で多いのは、訪問販売での営業マンです。

すべての訪問販売での営業マンが悪質という訳ではありませんが、

いきなりご自宅にきて、「何々が悪いから直さないと雨漏りしますよ」

と恐怖心をあおってきます。

下から見ただけで、雨漏りするのかどうかなどプロから言わせると、

ありえないことです。

何かしらの理由をつけて、屋根に登るための悪質な営業手法の一つです。

この手の営業手法の話を信じてしまうと、高額な屋根リフォーム工事を

勧められてしまい、大変なことになります。

どのような手口なのか?

いきなり訪問して、

「近くで現場をやっているんですが、

現場からお宅の屋根が浮いてしまっているのが見えまして

お知らせにきました。」

とくに多い指摘箇所が、

「屋根の天辺の棟板金が浮いてきているので、

このままだと雨漏りしてしまいますよ。

良ければ、屋根に登ってみてあげますよ。」

という手口で屋根に登ります。

実際に登ると、

「実際に近くでよくみたら、

屋根材が割れていたり、コケや汚れがひどいので、

屋根葺き替え工事したほうが良いです」

と営業マンのペースで工事を勧めてきます。

この場合、ほとんどがとくに問題ないケースが多く

高額な屋根リフォームを契約させようとしてくる点が悪質です。

上手な断り方

このような悪質な営業手口に引っかからない為にも、

しっかりと断る事が大事です。

「うちには、知り合いの板金屋さんがいるから大丈夫」等、

屋根に登らせない様に断りましょう。

「お金がないから」や「今は考えていない」などの断り方ですと、

次々と、不安をあおる営業トークをしてきますので、

気を付けましょう。

稀にですが、ほんとうに傷んでいる場合もあります。

また、知り合いがいなかったりして、ずっとメンテナンスもしていなく

不安の場合にはネットで調べたり、近くの他の屋根業者さんに調査してもらいましょう。

親切な屋根屋さんであれば、問題なければ問題ないと言いますし、

高額な屋根リフォームを勧めることなく、簡易な補修も行ってくれます。

まとめ

このように、悪質な営業手法で高額な屋根リフォーム工事を勧めてくる業者は

まだ、たくさんいます。

工事自体は、しっかりと作業する場合は多いですが、

そもそもやらなくて良い工事をするのは、お金がもったいないです。

また、相場価格よりも高いので、興味を持っても

そういった、訪問営業での工事はおススメできません。

工事を行うのであれば、相見積もりなどをしっかりと取って、

適正な工事内容と適正価格で、屋根リフォームを行いましょう。